Pocket

ふとしふとし

糖質制限を始めたものの続かない・出来ないという意見も良く聞きます。どうしてでしょうか?

筋トレ職人@まっするタケシ筋トレ職人@まっするタケシ

始めるにあたってどうしても頑張りすぎてしまうんじゃないだろうか。始めは緩い糖質制限からスタートするのがおすすめだぞ。

ふとしふとし

緩い糖質制限ですか?

筋トレ職人@まっするタケシ筋トレ職人@まっするタケシ

糖質制限も続けなければ意味が無い。無理をして続かないのであれば、無理をせず長く続けられる方が良いぞ。ここでは糖質制限を続けるための緩い糖質制限の方法を紹介しよう。

 

糖質制限が続かない原因はコレ

糖質制限が続かないのは、はじめから極端な糖質制限に走ってしまうからです。

糖質制限について調べていくうちに、あの食材も駄目、この食材も駄目、なんて考えて、どの食材を食べて良いのかわからなくなってしまったり、糖質の多い食材を食べると罪悪感が出てしまったりします。

 

 

完全に糖質を無くすことは不可能ですし、無理な糖質制限をしてしんどくなってしまっては元も子も有りません。

それならば、まずは緩い糖質制限から始める事をおススメします。

 

 

緩い糖質制限のやり方

緩い糖質制限とは、主食の、ご飯、パン、麺類の量や、お菓子やケーキなど甘いスイーツを食べないもしくはへらす事から始めて下さい。

目安はこれまでの量の半分がイイでしょう。

 

 

ただし、主食の量を減らすとお腹がすいてしまいます。

その分、おかずを食べる様にし、空腹感が出ない様にしましょう。

 

 

また、少量ずつよく噛んで時間をかけて食べる事も大事です。

噛めば噛むほど満腹感も高くなりますので必ず実践して下さい。

 

 

スイーツやお菓子は糖質制限に限らずダイエットの天敵です。

甘いものがほしくなるのはわかりますが、絶対に良くありません。

 

 

それでも食べない様にするのは大変だというのであれば、はじめは半分に減らしましょう。

食べきっていたものを半分次の日に回すだけでも効果が有りますのでぜひ試してみて下さい。

 

関連記事⇒糖質制限やり方・始め方。ダイエット効果だけでなく将来の医療費の節減にもなる

 

糖質制限食に置き換える

それでもどうしても甘いものがやめられないのであれば、糖質制限食のスイーツやお菓子がコンビニなどで販売されています。

糖質が低く抑えられていますので、コチラを利用してみて下さい。

 

関連記事⇒糖質制限を始めて3週間たっても痩せないのはなぜ?やり方間違っていませんか?

 

糖質制限を強制的にするなら

糖質制限を極めたいでも甘えが有って続けられない、出来ないのであれば強制的にする方法も有ります。

 

 

それはプライベートジムに通う事です。

プライベートジムでは毎食食事報告が必要なジムが有ります。

 

 

毎食食事報告が必要であれば、甘える事は出来ませんよね。

甘いものが食べたくなるのも、ご飯をお腹いっぱい食べないと満足しないのも、糖質中毒かもしれません。

 

 

わかりやすく言えば、禁煙出来ない人のニコチン中毒と同じです。

一度どこかで中毒症状を抑える事が出来れば変わる事が出来るのです。

 

 

糖質中毒を自分で解消するのは、よっぽど意思が強くなければ出来ません。

年々増え続ける体重やお腹周りのお肉は沢山の病気を引き起こします。

 

 

将来病気になって、入院や通院薬代でお金を無駄につかうのであれば、楽しく使いたいですよね。

肥満の予防は将来的な医療費の節約にもなり、あなたの将来的にも安泰ですから、今のうちに肥満を解消するために糖質制限をきわめておくことは、あなたの明るい将来に繋がります。

 

ぜひ頑張って続けていきましょう。

 

人気の記事

【必読】RIZAP(ライザップ)の予約はまだするな!!後悔しない為の9つのポイント

【要注意】24/7ワークアウトの予約はまだするな!!泣き寝入りしない為の7つのチェック