Pocket

ふとしふとし

糖質制限を推奨する意見と、危険という意見が有りますが、どちらが正しいのでしょうか?

筋トレ職人@まっするタケシ筋トレ職人@まっするタケシ

確かに世間的には両方の意見が有るな。ただ2017年に糖質制限を推奨する論文が発表されている。糖質制限を否定しているのは古い研究成果だったりするぞ。

ふとしふとし

医学は日々進歩しているので新しい情報を信じたいですね。

筋トレ職人@まっするタケシ筋トレ職人@まっするタケシ

そうだな、古い情報は捨てて新しい情報をどんどん取り入れていかないと、置いて行かれてしまうからな。ここでは糖質制限の危険性について紹介しよう。

 

糖質制限とは

食べ物の中には、たんぱく質、炭水化物、脂質の3大エネルギーが有りますが、その中で炭水化物は、糖質と食物繊維に分けられます。

 

 

この糖質が血糖値を上昇させる原因とされていて、血糖値の上昇が肥満と繋がる為、糖質の高い食べ物を避ける様にするのが糖質制限です。

 

 

糖質が多く含まれているものの代表としては、ご飯・パン・麺類などの主食があげられ、ご飯は1杯(150g)あたり55g、うどん1杯(250g)あたり52gです。

 

 

この糖質量を1食20~40g、1日70~130gに抑えるようにし、カロリーの摂取量を減らさない様にします。

 

ふとしふとし

ごはん1杯で糖質量が完全にオーバーしてますね

 

糖質制限とカロリー制限は似ているようで全く違い、カロリーを減らすと体が飢餓状態に陥ってしまい、筋肉も落ちていきます。

 

筋トレ職人@まっするタケシ筋トレ職人@まっするタケシ

筋肉が落ちると体重が一時的に減るが基礎代謝量も減るから、太りやすく痩せにくい体質になるぞ

 

糖質は減らしつつ、カロリーはきちんと摂ることが大事です。

 

 

糖質制限は危険?

糖質制限が安全か危険なのかは、専門家の間でも意見が分かれています。

 

しかし中には、芸能人のコメンテーターなどが注目を浴びるために行う様な、安全なものでも危険という“逆張り論者”の意見も含まれているので、両方の意見が出るのは今の世の中では当然の事です。

 

 

では「私たちは何を信じればいいのか」と言えば、やはり世界的な研究者などが発表している論文を基にしていくしかありません。

 

 

テレビで話している医者の意見は、すべてではありませんが情報操作が行われている可能性も有りますからね。

 

 

糖質制限について衝撃的な記事を見つけました。

コチラの東洋経済さんの記事です。

 

「糖質制限」論争に幕?一流医学誌に衝撃論文

https://toyokeizai.net/articles/-/190605

 

この記事では、世界で最も権威ある医学雑誌『ランセット』の中で、炭水化物を多くとるほど、命の危険が高くなり、逆に脂質を多くとると命の危険性が低くなるという内容が掛かれています。

 

 

『ランセット』と言えば、医学界では知らない人のいない権威ある医学雑誌の様ですから、信憑性がいかに高いかがわかります。

 

 

糖質制限については否定的な意見も有りますが、それについてもこのように書かれています。

 

また、今回の研究報告とは逆に、「糖質制限は危険」などと“警告”する医師・専門家が日本ではいまだ見受けられます。

 

でも、ほとんどの方が過去の常識にとらわれ、単に不勉強なだけです。現在では、日本糖尿病学会の理事長も糖質制限を取り入れるなど、学会の主流派の方々も変わりつつあります。最新の栄養学を勉強していただければ、糖質制限食の有効性と安全性がご理解いただけるはずです。

 

しかしながら、まだまだ一般の医師らには理解が十分進んでいないのが現状のようです。

 

先日も、ある週刊誌で「糖質制限ダイエットで総死亡率やがん死亡率が増える」という記事がありました。いつものように不勉強な医師による記事だろうと思って見たら、ある高名な医師のインタビューだったので驚きました。

 

でも、その内容はというと、根拠としている論文は2010年と古いものでした。しかも、その中で「糖質制限食」としているものは、到底「糖質制限食」とは呼べないくらい糖質が多い食事だったのです。

 

 

医学は日々進歩しています。

「これまでは正しいと言われていた事でも、実際はそうではなかった」なんて事も良くあります。

 

 

上記の糖質制限を批判している医師の情報は2010年のもの。

今回の記事は2017年の論文ですからどちらが最新情報か考えなくてもわかりますよね。

 

 

それでも自己流糖質制限は危険

糖質制限が正しいものと論文でも発表されていますが、それでも自己流の糖質制限で体調が悪くなってしまう方もいます。

 

 

糖質制限を始めると順調に体重が減り続けていく感覚がわかりますが、それでも中には糖質制限をカロリー制限を混同してしまう方もいます。

また極端な糖質制限をしてしまい体がついていかないこともあります。

 

 

糖質は悪と思われがちですが、完全になくしてしまうのは良くありません。

また、カロリーを減らしてしまうのも危険です。

 

 

正しい糖質制限が出来る様になれば、一生太らない体つくりが出来る様になりますが、間違った糖質制限では危険も伴います。

正しい糖質制限を学ぶには管理栄養士などの講習によって知識を付ける事が出来ますが、それも大変ですよね。

 

 

ダイエットも合わせて行いたいので有れば、プライベートジムでも糖質制限の知識を付ける事が出来ます。

 

 

プライベートジムでは毎食チェックしてくれるジムもありますので、完璧な糖質制限を身に着けたいのであれば専門家に頼ってみるのも一つの方法です。

 

合わせて読みたい記事

【要注意】24/7ワークアウトの予約はまだするな!!泣き寝入りしない為の7つのチェック

【必読】RIZAP(ライザップ)の予約はまだするな!!後悔しない為の9つのポイント