Pocket

ふとしふとし

糖尿病やばいという話を聞いたことが有りますが、何がそんなにやばいのですか?

筋トレ職人@まっするタケシ筋トレ職人@まっするタケシ

糖尿病自体がヤバイというよりも、合併症がやばいぞ。失明や手足の切断もありえるからな

ふとしふとし

そんなの絶対嫌ですね。予防する方法はありますか?

筋トレ職人@まっするタケシ筋トレ職人@まっするタケシ

もちろん予防法は沢山あるぞ。でもやはり肥満を防ぐことが糖尿病の予防に繋がるからその予防法も見てくれ。

 

糖尿病になるとやばい理由

糖尿病になると様々な合併症を引き起こします。

日々の血糖値をコントロールしておけば問題なく合併症も予防もできるのですが、合併症が起こるまで糖尿病と気付かない事も良くあるのです。

 

 

糖尿病になるとやばいと言われるのは、糖尿病そのものよりも合併症にあります。

目が見えにくくなる、足の組織が壊死して切断など酷い症状もあります。

 

 

糖尿病のやばい合併症を知っておくことも予防につながるでしょう。

 

糖尿病の合併症

糖尿病の合併症はし・め・じと呼ばれる、神経障害、目の障害、腎臓の障害がおきます。

 

神経障害

手足の神経に異常をきたし、手足に痛みやしびれを引き起こす。

重症化すると足潰瘍や足壊疽などになる患者さんもいる。

 

目の障害

眼の網膜には非常に細い血管が有りますが、高血糖によりこの細い血管がむしばまれていき最悪は失明に至ります。

 

腎臓障害

眼の障害と同じように、腎臓の細い血管がむしばまれていき、腎臓の機能不全を起こします。最悪は透析しなければいけない状態になります。

 

 

他にも動脈硬化の原因となり、脳卒中や心臓病を引き起こします。

糖尿病は非常に危険な病気を引き起こす原因となりますので、やばいと言われるのも無理は有りません。

 

 

糖尿病になるとどれだけ大変?

糖尿病になると日常生活でも支障をきたす事があります。

実際の糖尿病患者さんは、糖尿病になった事でこのような大変さを感じています。

 

仕事中に低血糖にならないよう、食事とインスリン量に神経を使わなければならない

定期的な通院はストレートにお金がかかるため

食事前にインスリンを打つには、トイレなどに入らなくてはならず

インスリンを打つタイミングが悪いと低血糖

体を使う仕事なので血糖コントロールが、難しい

外食や仕事先でトイレがきれいだったり、広くないと注射が大変

婚約者にどのように伝えようか、悩んでいる

外食の際、インスリンや注射針、消毒面をもって行かないといけない

控えめにしか飲酒しないのでストレス発散できない

食事を思いっきり出来ないこと

 

参照:糖尿病ネットワーク(http://www.dm-net.co.jp/honne/001/kanja/001_2.php)

 

インスリン注射や食事制限など、糖尿病にならなければわからない事も有り、非常に大変な様子が伝わってきます。

糖尿病で有る事を隠している人も多く、中には恋人にどのように伝えればいいのか悩んでいる人も。

 

 

また、通院や薬代でお金がかかるのも、現実問題として非常につらい状態ですね。

治療費は本来払わなくても良かったお金ですから、健康でいる事はそれだけお得な状態だと言えます。

 

 

糖尿病の予防

糖尿病になってしまうと一生付き合っていかなければいけません。

少しでも気を許してしまうと重症化してしまう糖尿病ですから、糖尿病になってしまう前に予防はとても大事な事だと言えます。

 

 

糖尿病を予防するには「ストレス」「肥満」「運動不足」「暴飲暴食」を防ぐことが重要だと言われています。

「ストレス」がたまるから「暴飲暴食」をし、おまけに「運動不足」で「肥満」になる。という悪循環から糖尿病になる人が多い様ですね。

 

 

ですので、普段からストレスを減らす事も大事ですが、ストレスの発散方法として、暴飲暴食はやめて極力運動をするようにし、肥満を防ぐことが大事です。

 

 

特に今すぐできる事と言えば食生活の見直しです。

食事は肥満の原因としても上げられますので、食事を見直す事が出来れば糖尿病予防はほぼ成功したともいえるでしょう。

 

 

しかし簡単には食事の見直しは出来ませんよね。

いままで何十年と続けてきた食生活を変えるのは至難の業です。

 

 

しかし、糖尿病になって健康や大事なお金や時間、はたまた手足や視力まで無くしてしまうぐらいであれば、少し食事を見直してみようと思いませんか?

 

 

もし、少しでも何とかしようとおもうのであればパーソナルトレーニングジムがおすすめです。

パーソナルトレーニングジムなら、食事の見直しをトレーナーが一緒になって協力してくれます。

一人では誘惑に負けそうな時や、挫折しそうな時でも、トレーナーの存在があなたの食事改善を助けてくれます。

 

 

「でもパーソナルトレーニングジムは料金が高いでしょ」

このように思われるでしょうが、糖尿病になって、通院費や薬代はもちろん、重症化して手術や入院をする費用に比べれば、全く高いものではありません。

 

 

また、分割払いもできますので、月々1万円いかの費用で始められるのも魅力です。

 

関連記事⇒パーソナルトレーニングジムはローンやクレジットカードの分割はできる?月々の支払はいくら?

 

健康はお金には代えられませんが、毎月1万円で健康を手に入れられると思えば安いと思いませんか?

糖尿病になってからでは、毎月数万円が医療費で消えていくのですから。

 

 

糖尿病を防いで、健康的な将来を迎えて、家族といつまでも笑顔で過ごしたいのであれば、あなたの健康の事も考えてみてはいかがでしょうか。

 

次はコチラ⇒失敗しないパーソナルトレーニングジムの選び方7つのポイント!全て当てはまれば間違いなし!