Pocket

ふとしふとし

ダイエットと言えばやっぱり食事制限ですよね。1週間前に始めてみたのですが、非常に辛いです。

筋トレ職人@まっするタケシ筋トレ職人@まっするタケシ

食事制限でダイエットするのは短期間だけだな。しかも必ずリバウンドするが覚悟が出来て入ればいいだろう。

ふとしふとし

食事制限のつらさから逃れる方法は有りますか?

筋トレ職人@まっするタケシ筋トレ職人@まっするタケシ

いくつか食事制限のつらさから逃れる方法は有るから紹介しよう。ただし、食事制限はとってもつらいが、そもそも食事制限はする必要が無いから安心してくれ。

 

食事制限が辛いのはあたりまえ。

食事制限は食べないダイエット方法ですが、食事量を減らすと空腹の状態になり、お腹がすいて辛くなるのは当たり前の事です。

 

 

食事制限は食べない事で、脂肪だけではなく筋肉もどんどん減っていき、その結果、短期間での体重減少が見込めます。

 

毎日食べていた量の10分の1にしたりすれば、すぐに痩せる事は間違いないですね。

ただし、食事制限ダイエットは長期的には無理なダイエットです。するとしても短期間だけにしておき、必ず起こるリバウンドは覚悟しましょう。

 

食事制限の辛い時期を乗り越える方法

食事制限をしている途中には、お腹がすいてつらい時期が必ず訪れます。

そのつらい時期をどうやって乗り越えるのか紹介しましょう

 

食べ物の事を考えない

まずは食事の事を考えない様にしましょう。

食事の事を考え出すと、お腹がすいてくるのは当然ですね。

また、食べたい気持ちも強くなって、我慢できなくなってしまいます。

 

食べ物の事を考えないようにしましょう。

 

外出やテレビを控える

外に出ると料理の良いニオイがしたり、美味しそうな食べ物があちらこちらで販売されています。そんな美味しそうなものを見てしまったりニオイがすると、とたんにお腹がすいて食べたくなるのは当然の事です。

 

空腹時はニオイにも敏感になっているので、出来るだけ自宅に居る様にしましょう。

ただし、自宅に居る時もテレビがついているのは良くありません。

 

テレビCMで食べ物が流れたり、美味しそうな食事を見て、自分もおなか一杯食べたいという気持ちになるでしょう。

 

ですので、テレビも見ない様にしましょう。

 

運動して発散する

体を動かす事はとても良い事です。

気持ちの切り替えが出来、リフレッシュする事が出来ます。

 

運動している時は、運動に集中していますので、その時は空腹を忘れる事が出来るでしょう。

 

しかし、運動した後は更にお腹がすくかもしれませんので気を付けて下さい。

 

食事を制限するから辛くなる。ダイエットには食事の質を変えるだけで良い

食事制限について紹介してきましたが、短期間でとにかく体重を減らしたいのであれば、食事制限でも可能だと思います。

 

 

しかし、食事制限は脂肪だけでなく筋肉量までも使い果たしてしまうので、基礎代謝量が大幅に減ってしまい、食べる量を元に戻した瞬間からまた太り出すでしょう。

 

要するにリバウンドしてしまうという事ですね。

 

ですので、食事制限は一時的になら体重を落とす事が出来るかもしれませんが、それは決して痩せたのではなく、やつてれてしまっただけなのです。

 

 

食事を減らすと、お腹がすいて辛くなるのは当然の事ですよね。

しかし、食事制限の様にお腹がすいて辛い思いをしなくてもダイエットは出来ます。

 

 

その方法は、食事制限ではなく糖質制限です。

糖質制限とは、食事制限の様に、何でもかんでも全てひとまとめにして、食べずに摂取するカロリー量を抑える食事法ではありません。

 

 

糖質制限は糖質のみを制限しているので、糖質が低い食品であればお腹いっぱい食べても問題有りません。

 

関連記事⇒糖質制限とカロリー制限の違いは何?ダイエット効果がどちらが高い?

 

また、糖質を制限するとだけでも非常にダイエット効果も高いですので、わざわざ食事管理で辛い思いをする事はなく、糖質制限で楽してしまいましょう。

 

糖質制限についてはコチラの記事を見て下さい。

糖質制限やり方・始め方。ダイエット効果だけでなく将来の医療費の節減にもなる