Pocket

ふとしふとし

男性モデル体型ってかっこいいですよね。僕でもあんなかっこいい体型になれるんでしょうか?

筋トレ職人@まっするタケシ筋トレ職人@まっするタケシ

割れた腹筋と厚い胸板のモデル体型だな。モデル体型は誰にでも頑張ればなれるぞ

ふとしふとし

どう頑張ればいいかが大事ですよね。正しい方法なら2ヶ月でモデル体型になれたのに、間違っていたら半年とか1年かかったりしますよね。1年もかかってしまったら、モテるチャンスを逃してしまうかもしれないので、正しい方法を教えてほしいです。

筋トレ職人@まっするタケシ筋トレ職人@まっするタケシ

2ヶ月でモデル体型になるには、かなりストイックにやらないとダメだが、出来ない訳では無いな。ここでは男性モデル体型になる正しい方法を紹介するぞ。

 

男性のモデル体型、細マッチョは女性にもてる?

割れた腹筋や厚い胸板のモデル体型である細マッチョは、男性から見ても格好いいですよね。

もちろん、女性からの印象も気になる所です。

 

 

こちらは女性が好きな体型のアンケートをとったものです。

 

見てわかるように細マッチョが45.9%と、圧倒的な人気ですよね。

やせ型も8.2%と細い体型が半数を占めていますので、女性から見ても「細マッチョは格好イイ印象を持たれると言えます。

 

 

とにかく女性にもてたい!でも、何をして良いかわからない人は、まず体を絞って鍛えてみるといいかもしれませんね。

 

 

男性のモデル体型とは?

モデル体型と聞くと、イメージではわかるものの、どれぐらいの体重でどのぐらい筋肉がつけば、モデルの様な体型になれるのか知っておく方が良いですよね。

 

目標が有る方がわかりやすいですから、モデル体型の数値いくつか紹介します。

 

男性モデル体型の体重

適正体重を知るにはBMIという数値を図る事が必要です。

BMIの求め方は、「体重kg ÷ (身長m×身長m) =BMI」です。

 

例えば、170㎝75キロの人であれば、

75kg÷(1.70m×1.70m) =25.95

BMI =25.95

 

となります。

 

BMIでは18.5〜25未満であれば適正体重と言われていますが、男性がモデル体型になるには、BMIは22と言われています。

 

ですので170㎝の人が、モデル体型になる為の体重は63.58 kgになります。

 

男性モデル体型の体脂肪率

続いて男性モデル体型の体脂肪率を紹介しましょう。

モデル体型の体脂肪率は11%となります。

 

体脂肪率は見た目で図る事ができませんので、体脂肪も図れる専用の体重計などを使用しましょう。

 

体重の11%ですから、先ほどの適正体重63.58 kgの11%は5.78キロとなります。

かなり少ない数字ですね。

 

男性モデル体型の筋肉量

次に筋肉量ですが、適正体重×0.38を目指しましょう。

 

こちらも、170㎝の人のモデル体型の適正体重を63.58 kgとした場合は、

24.1604 kgとなります。

 

脂肪の4倍近くの筋肉量が必要ですね。

筋肉量も見た目では計れませんので、専用の体重計を使用しましょう。

 

 

男性がモデル体型になる為にする事

モデル体型になるのはそれなりの努力が必要です。

勝手にモデル体型になれればいいのですが、そんなわけにはいきませんよね。

ほったらかしにしていたのが今のあなたの体型ですから、モテたいのであれば、とにかく今日からでもモデル体型になる努力を始めましょう。

 

 

モデル体型になる為にする事はこの2つ。

筋力トレーニングと食事管理です。

 

 

筋力を付けるためには筋トレをするのは当たり前ですよね。

ランニングも効果は有りますが、筋肉はつきません。

筋トレをすれば、基礎代謝が上がり脂肪も燃焼出来るのでランニングをするよりも筋トレをしましょう。

 

 

また、筋肉を付けるためには食事も重要です。

コチラの記事「痩せ体質になる方法は筋力トレーニングと食事?少しでも早くなれる方法も紹介しています。」でも書いていますが、たんぱく質を多く含む食事をとりましょう。

 

 

たんぱく質は体の組織を作る重要な成分です。

たんぱく質をとる事で筋肉のつくスピードが変わります。

同じ時間筋トレをしても、効果に差が出てしまってはもったいないですよね。

 

 

また、糖質を含む食品を食べない様にすることも大事です。

糖質は体のエネルギーでもありますが、運動などで消費されなかった糖質が脂肪となり体に蓄積されていきます。

 

関連記事⇒糖質制限の効果とは?どれぐらいで体に変化がある?

 

せっかく運動をしても、糖質の高い食べ物ばかり食べていては痩せる事は出来ません。

ただし、逆を言えば糖質を抑えていれば自然と脂肪が減って行くのも事実です。

 

関連記事⇒糖質制限やり方・始め方。ダイエット効果だけでなく将来の医療費の節減にもなる

 

それだけでも余計な脂肪を落とす事ができ、筋力トレーニングで筋力を付ければ筋肉質の細マッチョが出来上がります。

 

 

ここからはもう少し筋力トレーニングと食事について注意点を紹介します。

 

筋力トレーニング

筋力トレーニングの効果を上げるには、大きな筋肉を意識して鍛えていきましょう。

大きな筋肉とは、大胸筋(胸部の筋肉)や広背筋(背部の筋肉)、腹筋、大殿筋(お尻の筋肉)、大腿四頭筋(太ももの前側)、ハムストリングス(太もも裏側)、ヒフク筋とヒラメ筋(ふくらはぎの筋肉)です。

 

大きな筋肉は、鍛え方もわかりやすく簡単で効果が表れやすいです。

また、筋肉が大きい分、消費エネルギーも大きく同じ運動をしていても脂肪の減りが早くなります。

 

 

小さな筋肉を鍛える事も駄目ではありませんが、小さな筋肉は後からでも十分です。

まずは見た目の変化を付ける事と少しでも細マッチョになれる方法として、大きな筋肉を鍛えていきましょう。

 

 

食事

食事は上記でも紹介しましたが、たんぱく質を多く含む食品をたべ、糖質の多い食品を避けましょう。

 

 

糖質を下げるのは、血糖値を上げない様にする為です。

血糖値を上げる事は太る事に繋がります。ですので糖質を抑えています。

 

 

カロリーを気にするのも大事ですが、カロリーよりも糖質量に注目して下さい。

また1日に必要なカロリーは摂らなければエネルギー不足で体調不要やリバウンドの原因になります。

 

 

カロリーを摂ると太ると思われがちですが、太るのは先ほどもお伝えしたように糖質のせいで血糖値が上昇するからです。

 

関連記事⇒糖質制限とカロリー制限の違いは何?ダイエット効果がどちらが高い?

 

また、食べ方にも注意が必要です。

よく噛んで食べる事は満腹中枢を刺激し満足感を与えます。

 

たんぱく質が多く糖質の少ない食品を探すとあっさりしたものが多いので、はじめは満足感が少ないかもしれません。

よく噛むことで味も感じられるようになりますので、早食いは禁物です。

 

また、食べ順も重要です。

まずは野菜から食べ、その他のおかず、最後にご飯などの主食が来るようにしましょう。

 

例えばとんかつ定食であれば、

まずは付け合わせのキャベツ、小鉢やみそ汁、とんかつ、ご飯の順ですね。

 

 

キャベツを全部食べてから次に小鉢。小鉢を全部食べてから味噌汁。

この様に一品をすべて食べてから次に行く方がいいのですが、最後にご飯だけ余っても困るという方は、この順番で三角食べをして下さい。

 

 

お金をかけて確実にモデル体型になる方法もあり

ここまでは、自分の力でモデル体型になる方法を紹介してきましたが、

「自分の力では途中で諦めてしまう」

「もっと専門的に教えてほしい」

「○○までにモデル体型にならないといけない」

このような方の為にプロの教えを受ける事も出来ます。

 

関連記事⇒オーディションまでにダイエット!痩せればいいだけではなく見た目も良く痩せる事が大事。

 

それがプライベートジムです。

 

 

プライベートジムと言えば、芸能人が大変身を続けている「ライザップ」が有名ですよね。

 

 

プライベートジムでは、一人一人に専門のトレーナがついて、トレーニングや食事指導を行ってくれます。

 

関連記事⇒プライベートジムのメリットとデメリットとは?高い料金を払ってまで通うだけの価値はある?

 

トレーニングの方法や正しい姿勢、あなたに合った重さや内容まで全て教えてもらえます。

 

 

自分一人でトレーニングをしていても

「正しい方法なのか」

「重さは適切か」

「今やるべきことなのか」

など、様々な不安からトレーニングが進まなくなる事が有ったり、しんどくて諦めてしまう事も有ります。

 

 

プライベートジムに通えば、そんな諦めてしまう事や、いつまでたっても効果が出ない事は無くなります。

 

 

「必ずモデル体型になってモテるんだ!」「○○までに痩せないといけない」こんな思いが有るならばプライベートジムも検討してみて下さいね。

 

関連記事

プライベートジムの選び方。失敗したと後悔しない為の7個のポイント

【要注意!】ライザップ入会申し込み前に必ずチェック!失敗したと後悔しない為に

【要注意】24/7ワークアウトの予約はまだするな!!泣き寝入りしない為の7つのチェック